« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月11日 (月)

SHOCK2013感想なぐり書き

とりあえず、ここまで言葉にしてみました、という大雑把な感想です。
いつも「また書きます」詐欺で終わるので、未完成でぐちゃぐちゃに羅列しただけでお見苦しい文章ですが…

◆◆◆◆◆

まず、屋良くんの素晴らしさは言葉では表現できません!

本当に素晴らしかった!(>_<。)
美しかった!(>_<。)

そして今回のSHOCKの構成、楽曲、振り付け、演出など、やっと筋が1本通った作品となり、今考えられる最高のSHOCKとなったと思います。

が、いかんせん、それを理解&消化し、さらに上へ上へと高められているのが光ちゃんと屋良くんだけで、あとのメンバー(美波里さん、直さん以外)は、それに追いつけていない。(^^;

光ちゃんも、まだ他のメンバーが気になるところがあるのでしょう。力が入りすぎているところが所々ありました。(特にシェイクスピアは力み過ぎ!)

ふぉーゆーは、もっとできる子たちと思っていたのですが、コンサートで踊れたりアドリブができるのと、SHOCKの世界を体現できるのとは、まったく別物なのだなと思いました。(その点、ヨネマチさんはコンサートでは物足りなかったけどSHOCKの体現という点では完璧でした)

アンサンブルのダンサーさんがそろってないのも気になりました。
SHOCKと言えば一糸乱れぬアンサンブルが自慢だったのに。
これでは、PZ2012の方がよっぽどそろっていました。

太鼓が直さん+2人になったのは良かった!1幕のジャパネスクのW太鼓良かったです。

美波里さんが本当にさすがの一言で、美しい発声、発音、セリフ回し、立ち姿、そしてカンパニーを包む母性的な優しさを、劇中だけでなくリアルのカンパニーでも感じました。
ただ、ご年齢を重ねた方にはありがちですが歌はちょっとヴィブラートがフラット気味なのが気になりました。

リカは笑顔が可愛い。
目がなくなるぐらいの笑顔が魅力。
でも、全幕を通してまったく印象に残らないのも良い。(笑)(下手でないということだから)
歌い方がもう少しスタンダードな方がいいなぁ。こぶしをまわし過ぎです。

屋良くんの技術的な部分の評価は、本当に歌を頑張ったということがわかります。

今回、ほぼ全部(ダンス曲もABメロなど極力)全員がかぶせ無しの生歌ですごく驚いたのですが、屋良くんはとにかく、本当に良い意味でやっと力みが抜けたので、音程もほぼ完璧!

タップ曲の最初だけ、ちょい力むのでシャープ気味な入りになりますが、段々安定してくるのであれぐらいはOK。

タップ、道化のタップ経験が生きてますね。
これもびっくりしたのですが、今回、本当に生の足の音を拾ってくれてるんですね!(所々、ちょっと遅れるところがあるので)
ここにタップの見せ場を作ってくれた光ちゃんの愛を感じます。

そういう技術的なことはもちろんですが、そことは別のところに、屋良くんの素晴らしさがあるのですが、それを本当にどう言葉にすればいいんでしょうか。

あの舞台には「屋良」という役者ではなく、本物の「ヤラ」が立っていますね。

そして、そのダンスの素晴らしさは群舞の一員である立場、コウイチの2番手である立場、そして今、ヤラがどんな心境にいてどのように変化していくのか…それらがすべてダンスの中に表現されていること!

そしてどのジャンルのダンスも本当に本当に、ずっと見ていたくなる美しさ。

屋良くんのダンスの空気&空間に影響を受けて、光ちゃんのダンスが引き上げられている場面も多々ありました。

それでいてラストのカーテンコールで、ほんのわずかに光ちゃんより下がった位置に立つ屋良くんを見て、なんて素晴らしい人なんだ!と思いました。

道化で中心に立っていた人が2番手に立つ。
それがこんなに頼もしく光ちゃんを、SHOCKを支える人に変わるのか!と。

まだまだ、言いたいことがたくさんありますが、いかんせん「言葉」で表現できない。(>_<)

また、サイト&BBSにアップできるよう頑張ってみます。

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

嬉しい!

嬉しい!
あの舞台があって、今の屋良くんがあります。

| | コメント (0)

幕間

今、私が見ているのは何の世界なんだろう。

そんな気持ちです。

1つの架空のお芝居ではなく、別世界の空間が広がっていました。

はっきり言います。

光ちゃん、屋良くん、前田美波里さん(と直さん)以外は、これまで私が見てきたSHOCKよりクオリティが下がっています。

ふぉ~ゆ~も、山亮くんも、当たり前だけど岸くんも。

ヨネマチには遠く及びません。

ダンスのアンサンブルの方もだいぶ人が入れ替わり(若返り?)ましたか?
もっと一糸乱れぬダンスだったはずです。

でも、それらを許せてしまうぐらい、コウイチとヤラがすごい。
すごい境地までたどり着いたな、と思います。

なんて愛情あふれる2人。
なんて強く結びついた2人。

これは、光ちゃんと屋良くん?
コウイチとヤラ?

みんなを思う余り暴走するコウイチもかわいそう。
心の奥底でコウイチに強く憧れ、愛憎が表裏一体となって破滅の道に引きずられるヤラもかわいそう。

はやく、2人の心がまっすぐに通じ合って欲しいと思う、1幕の最後でした。

| | コメント (0)

帝劇にただいま

屋良くんがライバル役を1度卒業した時に、帝劇に来ることももうないと思っていました。

帝劇にいるというだけで胸がいっぱいです。(>_<。)
(10年通ってたんだものね…)

グッズの屋良くんがイケメン過ぎて、観劇前から倒れそうです。(>_<。)

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »